Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
9月28日 ソウル・フラワー・ユニオン@下北沢GARDEN
0
    下北沢のGARDENにてソウル・フラワー・ユニオン。
    ギリギリまで原稿を書いていても楽勝で間に合うのが、実にありがたい。
    新作『アンダーグラウンド・レイルロード』を聴いた時、レゲエのグルーヴがやたらとかっこいいのが印象に残っていたのだが、それもそのはずで、今年加入したベーシストの阿部光一郎は、かつて歌謡スカ・バンドのWhat's Love? などで活躍していた人物。
    彼の加入後のソウル・フラワー・ユニオンを観るのは初めてだったので、今回はその新体制をじっくり拝見……するつもりだったのが、あまりにも素晴らしいアンサンブルに、熱狂的に楽しませてもらった。
    阿部光一郎の加入は、間違いなくバンドをパワー・アップしていると思う。
    GARDENという場所の特性もあるのかも知れないが、音の粒建ちとバランスが見事で、中川敬のヴォーカルもくっきりと歌詞が聴き取れる。
    また以前のライヴですでにお気に入りだった「風狂番外地」をはじめ、「バクテリア・ロック」など、新作の楽曲の充実もあって、馴染みの曲を楽しめるのに加え、斬新なみどころも多く、長丁場でも全くダレない。
    新曲の「グラウンド・ゼロ」(←どこかで聞いた覚えがある曲名だ)で、ループのリズムと生ドラムを組み合わせる試みも、クールに決まっていた。
    そして今回のソウル・フラワー・ユニオンで、もうひとつ強力な牽引力を発揮していたのがうつみようこ!
    オリジナル・メンバーである彼女が、彼らのステージに参加するだけで、バンドの初期の楽曲もより力強くなって届いてくる。
    彼女には昨年の「下北沢+被災地 命つなごうマーケット」にも出演していただくなど、お世話になったのも記憶に新しいが、年末のステージにも登場する模様なので、楽しみにしたい。
    もうひとつ個人的には「不屈の民」で、我らが伊藤孝喜(笑)のドラムスがシャープな切れ味を出していたのも嬉しいところ。


    そんな伊藤孝喜をドラムスに擁する志田歩&Teazer のライヴは10月7日。
    こちらもよろしくお願いします!
    ・10月7日(火) 新橋ZZ
    志田歩&Teazer:志田歩(vo,ag)kubotti(g)西村雄介(b)伊藤孝喜(ds)
    共演:8cc
    開演 19:30 *志田歩&Teazerの出演は20:30頃
    チャージ 予約2100円+ドリンク 当日2600円+ドリンク
    *予約はお店への電話(03-3433-7120)、志田へのメール、ブログへのメッセージなどで受け付けております。

    ・10月24日(金) 新宿SoulKitchen
    志田歩 with kubotti
    共演:蓮沼ラビィ、鳥井賀句、ミノルBグッド
    開場 19:00 開演 19:30
    チャージ 1500円+ドリンク













    posted by: 志田歩 | ソウル・フラワー・ユニオン | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |